• 13
  • ROSSO
  • 2011
    2011
  • ワイルド ダック クリーク ダックス&ドゥレイクス 2011 詳細画像
ワイルド ダック クリーク ダックス&ドゥレイクス 2011
¥5,900税別
オーストラリアを代表するワイン! 父と息子2世代で造る小さな家族経営のワイナリー。自社畑は全てバイオダイナミック農法により健全で滋味溢れるブドウを育てている。

2011年は オーストラリア国内ほぼ全土に渡りむしろ厳しい年でした。 しかしながら私達のワインを造る全ての畑は職人気質の細心の注意が払われたので収穫は熟した果実と酸の乗り方とのバランスが良い状態で行う事が出来ました。 カベルネとシラーズをブレンドしたクラシックでオーストラリアらしいワインです。

リッチでほとんど黒褐色の様な濃厚な紫色、味わいと凝縮感にあふれたワインです。 樽の個性が全体をサポートし複雑味を与えている。 アロマとフレーヴァーはコーヒー、乾燥ハーブ、ラズベリーといったヒースコートのユニークさが感じられる。 上品な酸がワインの味わい全体を支えており、乾いたタンニンが特徴的。
※未成年へのお酒の販売は法律で禁止されています。
生産年:2011年
タイプ:赤
生産国・生産地:オーストラリア ・ヴィクトリア ヒースコート
造り手・生産地域:ワイルド・ダック・クリーク
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズ
容量:750ml
商品コード:W-OT16122010
熨斗可否:対応可
アルコール度数:15
飲み頃温度:16~18℃
合わせたいお料理:豚のグリル、トマト料理
飲み口 フルボディ 2 ライトボディ
渋味 控えめ 5 強い
甘味 ドライ 1 甘い
酸味 まろやか 3 シャープ
果実味 スパイシー 2 フルーティー

ワイルド・ダック・クリークはデーヴィッド&ダイアナ・アンダーソンによって1979年に産声を上げました。
しかし、一番最初に6000ドルで購入したヒースコートの畑 に関しては1971年まで遡ります。
‘私が十代の頃は何よりもとにかく土地を手に入れたった、だからそのチャンスが訪れた時は飛びついたんだよ。下見もなしにね。そして最初に購入した土地を見た時、 ここは家畜の放牧でもぶどう畑でもなく素晴らしい森、もしくは採石場になると確信したよ。不意にフェンスの向こう側が売りに出されてね、ダイアンと私は即買ったよ、だってそこには‘土‘があったからね!byダック

誰でも知っているデイヴィッドの愛称は`ダック`

そして彼らは1979年に最初のぶどうを植えるに至ります、その畑の名前は
「アランズ・カベルネ・ヴィンヤード」
ディヴィッドのお父さんの名前に因んでつけられました。次に植樹がされたのは1988年、ダイアナの両親が所有していた畑で彼らはこの畑は「オリジナル・ヴィンヤード」と名付けました。ワイルドダックワイナリーはヴィクトリア州、ワイルドダッククリークに沿ったヒースコートの8km西に位置しています。伝統的なワイン造りは手摘み、開放桶でのアルコール発酵、櫂入れ、バスケットプレス、長期樽熟成ですが、自社畑にはビオディナミの重要性も取り入れています。
素晴らしいワインを導き出すのはとりわけブドウ畑とその土地の選別によるためダックは頑固なままですが・・・一家はワイナリーのオペレーションを少しずつ息子のリアムに任せ始めました。15年前、ダックの息子・リアムは確かな情熱を持って加わり、徐々に家族の持ち畑をビオディナミ農法による栽培に移行させてきました。
この工程からの変化は見違えるほどにブドウの健康状態が改善するなど明白で、素晴らしい恩恵を享受しました。

そして今では親子のパーフェクトなチームワークが誕生しました。リアムの組織的かつ改革的なアプローチが風変りな父親ダックの手法と完璧にマッチしたのです。
ユーモラスが素晴らしいチームを生み出したのです。彼らの目標は楽しいという感覚が増幅する様なバランスと力強さを備えた、他にはない唯一無二のワインを造ることなのです。

ザ・ヘドニスト カベルネ・ソーヴィニヨン 2012 SOLD OUT
  • 13
  • ROSSO
  • 2012
    2012
ザ・ヘドニスト カベルネ・ソーヴィニヨン 201...
¥3,100税別
単一ぶどう畑から獲れたカベルネ・ソーヴィニヨン。最良な都市である2012年ヴィンテージ。
PAGE TOP
8,000円(税抜)以上ご購入で送料無料キャンペーン中