SALON COLUMN

Cigalus2014 GerardBertand

2016.08.26



Cigalus2014 GerardBertand

ジェラール・ベルトラン、シガリュス2014年。
美味しいのはもちろんだけど、マリアージュの意味でも、多くの食事に合わせやすい白ワイン。
ラングドックのワインはビオ化が進んでいて、値段の割に高いクオリティのものがおおいが、この造り手はその代表格といえます。
かのロブションの信国ソムリエもグラスで好んでサーブしています。
少し低めの温度、10度Cくらいから入って、徐々に温度を上げていくと、蕾が開くように次第に本来の香りや果実味を見せていきます。そして混醸されている3種の葡萄、シャルドネ、ヴィオニエ、ソーヴィニヨン・ブランの特徴が万華鏡を回すように現れては消え、何種類ものワインを味わうかのような楽しみをもたらしてくれます。
あ、シャルドネのエレガンスだ、いまはヴィオニエのトロピカルな香りがする、おお、ソーヴィニヨン・ブランの柑橘を放ち始めた……そんな変化を楽しみながら、和洋中エスニック、様々な料理とマリアージュさせてみたいワインです。



――――――――――  おすすめ記事一覧  ――――――――――

―――――― おすすめ記事一覧 ――――――





久々のハワイで飲むワインは・・


PAGE TOP
8,000円(税抜)以上ご購入で送料無料キャンペーン中