SALON COLUMN

地球上で最も孤立したワイン産地❷

2019.01.30

060

地球上で最も孤立したワイン産地❷

最初のワイナリーを訪ねる前に、マーガレット・リバー・ワイン・アソシエーションから最新のデータが届いたので、ご紹介しておきましょう。数字がたくさん出てきて面倒臭しれませんが、数字の意味するところをなんとなくイメージしていただければ、この産地の理解が容易になると思います。

〈ヘイ・シェッド・ヒル〉のラインナップ。このワイナリーは第一次大戦の帰還兵のために開かれた農場がベースになっている。

マーガレット・リバーは西オーストラリア州の州都パースから南南東へ330km南下した場所にある。南緯33度55分(同緯度帯には南オーストラリア州のバロッサ・バレー、南アやチリ、アルゼンチンの有力産地がある)。最高標高は227m。気候は地中海性気候で、年間降水量は1000mm以上(山梨県甲府市は1135mm)、1月(盛夏)の平均気温20.4℃。土壌は砂利、砂質ローム、花崗岩が主体で、水捌けが良い。

〈アメリア・パーク〉のブドウ畑。併設の素晴らしいレストランについては回を改めて述べます。

ブドウ畑の総面積は5800ha。ブドウ栽培家の数は286。ワイナリーの数は158。2017年に収穫されたブドウは4万2004tでオーストラリア全体の2%に相当。栽培されている品種の種類は少なくとも36種。主要品種は赤ワイン用ではカベルネ・ソーヴィニヨン、シラーが多く、メルローがそれに続く。白ワイン用ではシャルドネ、セミヨン、ソーヴィニヨン・ブランの3つがほぼ同比率で栽培されている。2018年収穫のブドウのトン当たりの価格はオーストラリア全体の平均が609AUDであるのに対してマーガレット・リバーは1359AUDと、顕著な差が見られる(マーガレット・リバーがプレミアムワインに特化した産地であることを裏付けている)。特にシャルドネの価格は国内平均の4倍以上。

〈ディープ・ウッズ〉のセラードア。

ワインツーリズムについて。85のセラードア(ワイナリーに付属した試飲と販売のための施設)があり、62軒は、ワイン評価本「ハリデー・ワイン・コンパニオン」の2019年度版で5つ星かそれ以上の評価を受けている。1泊以上で訪問する人の数は年間160万人。日帰りで訪ねる人は100万人。外国人ツーリストに人気の高いワイン産地としては国内第3位。 (以上、「Margaret River Wine Region Overview」より。適宜筆者が説明を加えました)

オーストラリア亜大陸の地質は地球上でも最も古いものの一つと言われる。海辺に露出した、いかにも古そうな岩はここから数km内陸に入ったブドウ畑の基層でもあるに違いない。

さあ、漸く旅のスタートです。マーガレット・リバーはワイン産地の名前であると同時に、人口4500人ほど(周辺の地域を含めると14000人ほど)のチャーミングな町の名前であり、そこを流れる長さ60kmほどの川の名前でもあります。

小雨に煙るマーガレット・リバーの河口付近。河口の南には世界中のビッグウェーバーが憧れる「サーファーズ・ポイント」がある。ちなみに、マーガレット・リバーのワイン関係者の多くがサーフィンを愛する。

パースからハイウェイを下ってマーガレット・リバーのダウンタウンに入り(久しぶりに文明的な物が集積しているのを目にしてホッとする)、あっという間に通り抜けると、最初の交差点で右、つまり海側へ。ウォールクリフロードをものの10分も走ればケーヴス・ロードにぶつかるT字路です。海岸線と平行に南北に走るこの道(海辺までの距離は1〜1.5km)にはその名の通り、いくつかの鍾乳石の洞窟(cave)が穴を開けています。このケーヴス・ロードこそは複数のワイナリーが連なる“銘酒ロード”です。

鍾乳洞窟の一つ、マンモス・ケーブの入り口付近。

マンモス・ケーブ。撮影時は筆者だけが洞窟の中にいるという、特別な体験をした。

冒頭に紹介した資料の土壌の説明には「石灰岩」の記述はありませんでしたが、鍾乳洞があることはそこに豊富な石灰岩の存在を明示しています。ワインにクリスピーな酸と豊かなアロマを与える石灰岩は、良質なワインを生み出すのに理想的な土壌の一つです。

トム・カリティー・ロードに立つ〈ヴァス・フェリックス〉の看板。

このケーヴス・ロードと交わる短い通りに、マーガレット・リバーで最初のブドウを植えた人物の名前が付いています。トム・カリティー博士と彼の興したワイナリー〈ヴァス・フェリックス〉のことはまた次回、お話ししましょう。

(つづく)

Photographs by Yasuyuki Ukita



――――――――――  おすすめ記事一覧  ――――――――――

―――――― おすすめ記事一覧 ――――――




“C”をめぐる冒険❶


地球上で最も孤立したワイン産地➓


PAGE TOP
8,000円(税抜)以上ご購入で送料無料キャンペーン中