SALON COLUMN

シャンパーニュのマリアージュ

2017.10.23



シャンパーニュのマリアージュ

ボルドー、アルザスと来て、旅の終着地はシャンパーニュ。この地にやって来ると、宿泊をランスに定めるか、それとも25キロ南のエペルネにするかで迷う。

 

今回はランス市内とエペルネ以南に取材先が分散しているうえ、1日のうちにランスとエペルネを行ったり来たりの予定もあり、編集部もおおいに悩んだはずだが、結局はランスに落ち着いた。理由は単純。エペルネは小さな街ゆえに、ホテルやレストランの選択肢があまりにも少ないのだ。

 

ところで、シャンパーニュといったら、祝杯のための酒、あるいは食事前のとりあえず一杯と考えてる人が多数ではないだろうか。たしかに酸味がキリッとしていて、フレッシュな発泡性のワインは、食欲を増進させるアペリティフにぴったり。パッケージも華やかなシャンパーニュは、何かのお祝いにもってこいの一本である。

 

だがしかし、タイプにもよるとはいえ、シャンパーニュは食中酒として十分に楽しめる。現地では食事中、ついぞ赤ワインのご厄介になることがなかった。というわけで、滞在中に体験したシャンパーニュのマリアージュをいくつかご紹介。

 

まずはランスにあるルイ・ロデレールのゲスト・ハウスにてランチ。前菜はサーモンとオマールの冷製。これにメゾンのフラッグシップとなるクリスタルの2009年と2002年が登場した。2009年は温暖なヴィンテージを印象づける豊潤な果実味。この前菜にはフレッシュさを保ちつつ、凝縮感に溢れ、ナッツやモカなどの熟成香がわずかに出始めた2002年のほうがよく合う。

 

 

 

メインは仔牛のローストにピエ・ド・ムートンを添えたもの。2009年のクリスタル・ロゼが大ぶりのグラスで出てきたが、いかんせん若い。仔牛は肉でも淡白な白身だが、ピエ・ド・ムートンが独特の土っぽいフレーバーを醸し出しているから、これにも2002年のほうがしっくり決まった。

 

 

 

続いてはシャルル・エドシックのマーケティング担当者とレ・クレイエールの「ジャルダン」で食事。昼のメニューは前菜2種類、メイン2種類からのチョイスで、前菜は根セロリのコンフィとアルデンヌの生ハムかスモークサーモンのグラヴラックス風、メインはオックステールかタラ。シャンパーニュはブリュット・レゼルヴで通すというので、前菜は根セロリと生ハム、メインにはタラを選んだ。

 

 

 

 

シャルル・エドシックはおよそ40%の高いリザーヴワイン比率と長い熟成期間で並みのノンヴィンテージ・ブリュットとは一線を画す。現行リリースは2008年ベースで昨年澱抜きされたもの。つまり7年間の瓶内熟成が施されている。

 

 

 

豊潤で奥行きがあり、ノンヴィンテージとはいっても食事向き。クリーミーなソースがからめられているとはいえ、いささか淡白なタラでは物足りず、むしろ前菜の生ハムがよい感じであった。熟成した生ハムの旨味と、長期にわたって澱と触れていたシャンパーニュから醸し出されるアミノ酸がうまく融合した結果と思われる。

 

帰国前夜は新しく見つけたランスのワインバー「ル・コック・ルージュ」で打ち上げ。木曜の夜というのに大賑わい。シャルキュトリーとチーズの盛り合わせ、それにはしりのモン・ドールのオーヴン焼きを注文。シャンパーニュは最初にマルイユ・シュール・アイのR・プイヨン・レゼルヴ・ブリュットを頼んだところ、4人で瞬く間になくなってしまい、ブージーのピエール・パイヤール・レ・パルセルを追加した。

 

 

 

 

 

ブージーのシャンパーニュは重いのが常だけど、これはバランスが優れていてちょっと驚き。むしろプイヨンのほうが黒ブドウの比率が高いことやオーク樽を使っていることもあってやや重い。順番は逆にすべきだった。

 

この晩のモン・ドールは格別に美味く、パンがいくらあっても足りない。そしてこれがプイヨンのシャンパーニュとよく合うのだ。モン・ドールはエピセアと呼ばれるもみの木の樹皮で包まれている。それが焼け焦げた香ばしい香りが、プイヨンの樽香と調和するためか。シャンパーニュ単体で飲んでいると感じられた重さも、このチーズと一緒なら気にならなかった。

 

そしてお会計を済ませてびっくりしたのは、シャンパーニュを2本も頼んだのに100ユーロしなかったこと。もちろん一人当たりではない。合計金額である。今回最大の収穫はこのワインバー。ランスを拠点にして正解だったというわけだ。

 



――――――――――  おすすめ記事一覧  ――――――――――

―――――― おすすめ記事一覧 ――――――



カルチャースクールの課外講座


レミーのおいしいレストラン風ラタトゥイユとプロヴァンス・ロゼ



PAGE TOP
8,000円(税抜)以上ご購入で送料無料キャンペーン中