SALON COLUMN

ワインの賞味期限はいつ?未開封と開封後では、どう違う?

2017.08.23



ワインの賞味期限はいつ?未開封と開封後では、どう違う?

ワインを飲んでいるときに、「ワインの賞味期限っていつなんだろう?」と考えたことはありませんか?
賞味期限を気にしたことはなくても、飲まずに大切に保存していたワインがいつまでおいしく飲めるのか、気になったことがあるのではないでしょうか。
「生きている」ともいわれるワインは、生産者やヴィンテージ、輸送ルート、保存方法によって、味わいが変化します。
今回は、ワインの賞味期限について知りたい人を対象に、賞味期限があるのか、未開封と開封後では何が違うのか、詳しく解説していきます。

【目次】
1. ワインには賞味期限が記載されない
2. 未開封のワインの賞味期限は?
3. 開封後のワインの賞味期限は?
4. 飲み頃を見極めて至高の一杯を味わおう

ワインには賞味期限が記載されない


ワインのラベルを見てみると、賞味期限が記載されていません。その理由をご紹介します。

●ワインには賞味期限は存在しない
「ワインには賞味期限があるか?」という疑問に対する答えは「ノー」です。その理由は、ワインという飲み物は、瓶に詰められた後でも熟成するお酒だからです。
ワインよっては、10年~20年以上の熟成に耐えるものもあり、フルボディの赤ワインや、貴腐ワインなどの甘口の高級ワインになると、熟成期間が100年を超えるようなものも存在します。

そもそも、ワインには腐るという概念がありません。
ただし、腐ることはなくても味わいが劣化することはあります。
仮に「おいしくない」と感じられるワインがあった場合、「飲み頃を過ぎた」「飲み頃のピークを通り過ぎた」「酸化した」などのような言葉で表現されます。
急激な温度上昇や振動など、味わいが劣化する原因はさまざまです。

ワインは赤白問わず、長期熟成タイプや早飲みタイプなど、さまざまなタイプに分かれています。
さらに、使用されているブドウ品種、土壌、収穫年、醸造方法、保存方法など、数多くのファクターが複雑に絡みあうため、ワインによって飲み頃が異なります。
ワインをおいしく飲むには、そのワインの飲み頃を知ることが大切なのです。

●ラベルには収穫された年が記載される
ワインの場合、賞味期限や飲み頃などをラベルに記載することはありません。記載されているのは、ワインの名前や製造元、AOCなどの原産地呼称制度、格付け、アルコール度数などです。
もし飲み頃を知りたいなら、「2015」などと記載されているヴィンテージが手掛かりになります。ワイン法にのっとりラベルに記載する必要がある国のワインであれば、ヴィンテージは必ず記載されています。
例えば「2015」と記載されていたら、2015年に収穫されたブドウを使用して造られているワイン、ということになります。ただし、ノンヴィンテージのシャンパーニュや、さまざまな年代のブドウ品種をアサンブラージュ(混合)している場合、ラベルに収穫年は記載されません。

未開封のワインの賞味期限は?


ワインに賞味期限がないとはいえ、未開封のワインはいつまでに飲めば良いのでしょうか。

●手頃な価格のワイン
ワインショップやコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどで、500円~2000円くらいの手頃な価格のワインを購入することもあるでしょう。
そうした手頃な価格のワインの場合、多くはすでに飲み頃の状態で店頭に並んでいるため、購入してからすぐに飲むのがおすすめです。
手軽な価格で購入できるワインは、数十年といった熟成を経て飲んでもらうように造られていません。基本的には普段の食事中に楽しむ「テーブルワイン」としてカテゴライズされています。

●熟成タイプではない赤白ワインの飲み頃
赤ワインは2年~3年以内、白ワインは1年~2年以内、また、ボージョレ・ヌーヴォーの場合は1年以内が目安です。

●熟成タイプのワイン
ワインは産地や使用されるブドウ品種、ヴィンテージによっても、飲み頃が大きく変わってきます。
赤ワインなら、ボルドー地方やブルゴーニュ地方のワインに、渋みと酸味が強く、ゆっくり熟成するものが多く見られます。
白ワインでも、ブルゴーニュ地方などには飲み頃が10年以上先のものがあります。
ソーテルヌの貴腐ワインやドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼなど、極甘口の白ワインも長期熟成が可能です。

また、同じワインでもヴィンテージによって飲み頃に違いが出ます。良いヴィンテージは飲み頃が遅く、並のヴィンテージほど飲み頃が早くなります。

●熟成タイプのワインを保存するときの注意点
熟成タイプのワインの場合、保存状態が良ければ数十年先でもおいしく飲むことができます。
ワインの保存温度は一般的に13℃~15℃といわれています。温度が高すぎると早く熟成が進んでしまい、寒すぎると熟成しません。
コルクを使用しているワインは、コルクの乾燥を防ぐため、ボトルを横に寝かせて保存します。
そのため、ワインを熟成させるのに最も向いている保管場所はワインセラーです。自家用ワインセラーの中には、比較的安価で手に入れられるものもあります。

●開封したワインが「ブショネ」であることも
ブショネとは「TCA」と呼ばれる物質の影響で嗅覚が遮断され、においを感じられなくなることにより起こる現象です。ブショネになったワインは「かびたダンボール」や「蒸れた雑巾」などに例えられるような異臭がします。
ブショネはいつ起こるかわからない事故のようなもので、一度ブショネになったワインの味が元に戻ることはありません。
開封したワインがもしもブショネだったら、そのワインを飲むのは諦めましょう。

開封後のワインの賞味期限は?


開封したワインを一度に飲みきることができれば良いのですが、残ってしまうこともあります。
一度開封してしまったワインは、いつまで飲めるのでしょうか。



●手頃な価格の赤ワイン・白ワイン
500円~2000円くらいの手頃な価格のワインの場合、開封後はできるだけ早く飲んでしまったほうが良いでしょう。ワインは空気に触れた瞬間から酸化がスタートします。
ワインによって味わいの変化の仕方は異なりますが、手頃な価格のワインの多くは酸化によって味が劣化し、本来のおいしさが楽しめなくなるためです。

開封して飲みきれなかった場合、抜栓したコルクで再び栓をするか、ボトル内の空気を抜いてしっかりキャップをしておけば、冷蔵庫で1週間程度はもちます。開封してから1週間後には飲み頃のピークを過ぎてしまいますが、冷蔵庫で縦置きにしておけば、飲めない状態になっているということはありません。3日以内であれば、味わいも大きく変わらず楽しめるでしょう。
また、甘口の白ワインの場合、高品質のものなど1カ月くらい楽しめるものもあります。

●スパークリングワイン
スパークリングワインの場合、できるだけ当日に飲みきってしまうのが理想です。
どうしても翌日に持ち越す場合は、スパークリングワイン専用のストッパーを利用して密封し、冷蔵庫に入れましょう。翌日までは泡が残っていておいしく飲めます。
ただし、シャンパーニュなど、スパークリングワインによっては開けた翌日にさらにおいしくなるなど、複数日で楽しめるものもあります。

●酸化防止剤無添加のワイン
ワインの酸化防止剤とは、多くの場合「亜流酸塩」と呼ばれるものです。
殺菌作用、酸化防止作用、果皮からのポリフェノール抽出を促進する作用など、さまざまな役割を持っているため、ほとんどのワインに添加されています。
近ごろ一部で注目されているのが、酸化防止剤無添加のワインです。
酸化防止剤が添加されているワインに比べて酸化しやすいため、開封した後はできるだけ早く飲みきることをおすすめします。
保管する場合は、酸素が入らないように密封するか、小さい瓶などに移し替えて冷蔵庫に入れるのが良いでしょう。

飲み頃を見極めて至高の一杯を味わおう


ワインは賞味期限がなく、産地や品種、保存状態などによって飲み頃が異なります。おいしく味わうためには、温度や光、振動などに気をつけて保管することが大切です。
飲み頃がわからない場合は、ワインを購入した店の人に尋ねてみるのも良いでしょう。
最高のタイミングかどうか、開けるまでわからないのもワインならではの醍醐味の一つ。一期一会の味わいを楽しみながら、至高の一杯をいただきましょう。



――――――――――  おすすめ記事一覧  ――――――――――

―――――― おすすめ記事一覧 ――――――



リースリングの名産地・ドイツワインの特徴と等級とは?


赤ワインに合うおつまみの選び方|チーズからチョコ、生ハムまで


ワインのフルボディとは?赤ワインの味わいを表す「ボディ」の意味


PAGE TOP
8,000円(税抜)以上ご購入で送料無料キャンペーン中